東京都港区の弁護士・青山通り法律事務所

東京交通事故相談サポート

東京都港区北青山3-12-7 カプリース青山705

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

加害者加入の自動車保険

自賠責保険

自賠責保険とは、人身事故にあった被害者を救済するために、法律によりすべての自動車について加入が強制されている保険です。

自賠責保険金の支払は、上限額が定められています。

死亡の場合で限度額は3000万円、傷害のみの場合で限度額は120万円、後遺障害が生じる場合には等級(1~14級)に応じて限度額は75万円~4000万円です。

自賠責保険では、被害者に重大な過失がない限り過失相殺は行われません(重過失減額:被害者に7割以上の過失がある場合のみ支払保険金を減額)。

被害者に重大な過失がある場合、ご高齢者の死亡事案などは自賠責保険金の限度額内の支払で解決することもかなりあります。

任意保険(加害者の対人賠償責任保険)

任意保険は、加害者の支払うべき損害賠償金が、強制加入保険である自賠責保険によって支払われる金額を超過する場合に、超過額を支払う上積み保険です。

被害者が交通事故により受傷・死亡した場合には、加害者に対して損害賠償金を請求しますが、加害者が任意保険に加入している場合には、被害者は、加害者本人ではなく、任意保険会社と示談交渉することになります(保険会社による示談代行)。

その場合でも、本来、任意保険会社が支払うのは、自賠責保険分を超過する損害賠償額のみのはずです。

しかしながら、任意保険会社は、自賠責保険分を含めた損害賠償額全体について示談交渉をして、損害賠償金全額を被害者に支払ったうえで、その後、自賠責保険金相当額を自賠責保険会社に請求するという手続をとります。このような手続を「一括手続」、「一括払い」、「一括扱い」などといいます。

「一括扱い」により、被害者は、任意保険会社のみを相手にすることになるので、手続は簡単になります。示談成立前でも、任意保険会社は、通常、内払制度により、病院に直接治療費を支払い、被害者には休業損害を支払います。

したがって、被害者の過失が大きいため任意保険会社が支払をしないなどの場合を除き、治療が終了し症状固定するまでは自賠責保険への被害者請求をせず、「一括扱い」で手続をするほうが得策といえます。

しかしながら、治療が終了した後には、そのまま、「一括扱い」を続けるか検討することになります。

治療が終了して、症状固定となったら、後遺障害認定をいかなる方法で行うかの問題が生じるからです。

「一括扱い」は、任意保険会社に連絡することによりいつでも解除することができ、自賠責保険へ被害者請求をすることができます。

他車運転危険補償特約

加害者が、自分の車ではなく、他人の車を運転しているときに発生した交通事故について、加害者の賠償責任を補償する保険です。

加害者が事故時に運転していた他人の車に任意保険がついていなくても、加害者自身の車の任意保険にこの特約がついている場合、被害者はこの保険から損害賠償金の支払を受けることができます。

交通事故無料相談のお申込はこちら

お気軽にお問合せください

お電話での無料相談申込はこちら

03-6427-1416

受付時間:9:30~18:00(土日祝を除く)

メール・FAXでのお申込は24時間受付