東京都港区の弁護士・青山通り法律事務所

東京交通事故相談サポート

東京都港区北青山3-12-7 カプリース青山705

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

過失相殺

過失相殺とは

交通事故の態様には様々なものがあり、必ずしも加害者が100%悪いといえない場合もあります。

被害者にも事故発生について責任(過失)がある場合に、被害者の過失に応じて、損害賠償金を減額することを過失相殺といいます。

過失相殺率の認定基準

「過失相殺率」とは、事故発生についての加害者と被害者の責任割合を意味します。

交通事故の「過失相殺率」については、裁判所が事故態様別にまとめた基本的な認定基準があり、「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準(別冊判例タイムズ38号)」(東京地裁民事交通訴訟研究会編)という書籍にまとめられています。

過失相殺率の立証

警察の実況見分調書、事故当事者が作成した事故状況報告書、信号サイクル表、加害者の供述、被害者の供述、目撃者証言、事故車両の写真、実際の事故現場を調査しての報告書などにより行います。

過失部分の支払を確保する方法

被害者ご本人またはご家族が人身傷害補償保険に加入している場合には、加害者から支払を受けることができない、被害者の過失により減額される損害額部分の支払を確保できます。

交通事故無料相談のお申込はこちら

お気軽にお問合せください

お電話での無料相談申込はこちら

03-6427-1416

受付時間:9:30~18:00(土日祝を除く)

メール・FAXでのお申込は24時間受付