東京都港区の弁護士・青山通り法律事務所

東京交通事故相談サポート

東京都港区北青山3-12-7 カプリース青山705

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

素因減額

素因減額とは

「素因減額」とは、交通事故による損害の発生・拡大が、被害者自身の素因(要因)に原因がある場合に賠償金を減額することをいいます。

素因には、被害者の精神的傾向である「心因的素因」と、既往の疾患や身体的特徴などの「体質的素因」があります。

心因的素因による素因減額

「心因的素因」としては、被害者の特異な性格、回復への自発的意欲の欠如、賠償性神経症、うつ病の既往症などがあげられます。

交通事故そのものや、事故をきっかけとして経験する様々な事態に対するネガティブな心理的反応は、誰にでも起こることです。

しかしながら、反応が通常人の場合に予想されるレベルを超えているために、損害が拡大したといえる場合には、心因的素因による素因減額がなされます。

明確な基準はありませんが、

  1. 原因となった事故が軽微で通常人に対し心理的影響を与える程度のものではなく
  2. 自覚症状に見合う*他覚的医学所見がなく
  3. 一般的な治療相当期間を超えて治療を必要とした場合

などには心因的素因を考慮して素因減額される傾向にあります。

*「他覚的医学所見」とは検査結果にもとづく医師の見解です

体質的素因による素因減額

①「体質的素因」のうち、事故前から存在した既往の疾患(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄、後縦靱帯骨化症など)については、具体的事案ごとに個別に減額をするか否か、減額割合をどれくらいにするか判断されます。

確たる基準はありませんが、被害者の疾患が損害の発生または拡大に寄与していることが明白な場合には、素因減額がなされます。

疾患がなくても同様の損害が発生したといえる場合や、損害の発生・拡大へ疾患が与えた影響が軽微といえる場合には素因減額されません。


年齢相応の老化現象による体質的素因については、事故前に疾患といえるような状態であったことが認められないかぎり、素因減額されない傾向にあります。


身体的特徴については、被害者が平均的な体格や通常の体質と異なる特徴をもっていても、特別の事情(極端な肥満など)がない限り、それが疾患にあたらない場合には素因減額されません。

素因減額の対象となる損害項目

総損害額を対象に素因減額して損害賠償金を算定するのが一般的です。

例外的に、一部の損害項目に限定して素因減額する場合もあります。

たとえば、素因の寄与により治療期間が長期化したものの後遺障害への影響はない場合には、「傷害による損害」(治療関係費、休業損害、傷害慰謝料など)のみについて減額されることがあります。

逆に、治療期間に影響はないものの素因の寄与により後遺障害が重くなったような場合には、「後遺障害による損害」(後遺症逸失利益、後遺症慰謝料など)のみについて減額されることがあります。

素因減額と過失相殺の競合

素因減額のみでなく過失相殺による減額事由もある場合は、それぞれの減額割合を示したうえで順次賠償金を減額するのが一般的です。

【具体例】

総損害額1000万円、素因減額30%、過失相殺率20%の場合の計算例

1000万円(総損害額)×0.7(素因減額)×0.8(過失相殺による減額)

=560万円(最終的な賠償金額)

 

交通事故無料相談のお申込はこちら

お気軽にお問合せください

お電話での無料相談申込はこちら

03-6427-1416

受付時間:9:30~18:00(土日祝を除く)

メール・FAXでのお申込は24時間受付