東京都港区の弁護士・青山通り法律事務所

東京交通事故相談サポート

東京都港区北青山3-12-7 カプリース青山705

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

交通事故事件の解決手段

交通事故事件を解決する手段には、主として、示談交渉交通事故紛争処理センター訴訟(裁判)があります。

それぞれの解決手段を単純に比較すると、

解決までに要する時間が短期である順に並べた場合、①示談交渉、②交通事故紛争処理センター、③訴訟(裁判)となります。

獲得金額が最大になる可能性が高い順に並べた場合には、①訴訟(裁判)、②交通事故紛争処理センター、③示談交渉となります。

すなわち、なるべく短時間で解決したい場合には示談交渉、最大金額を獲得したい場合には訴訟で解決すればよいといえます。

ただし、実際の事件処理においては、そう単純に事は運びません。

示談交渉によって短期間で解決しようと思っても、保険会社から到底譲歩できないほどの提案しかされないため、他の解決手段を取らざるを得ない場合もあります。

また、訴訟が最大の賠償額を獲得できる可能性が最も高いとはいえ、必ずしもそうであるとは言い切れません。

たとえば、自賠責(損保料率機構)で認定された後遺障害等級の結果は、裁判所も参考にするため、訴訟でも同様の認定をすることがほとんどですが、低い認定をすることもあり得ます。裁判所の判断は、自賠責の認定等級に法的に拘束されず、自賠責よりも豊富な被害者側に不利なものも含む資料に基づいてなされるため、相手方が説得的な反証を行うことで認定が変わりうるケースもあるからです。

また、後遺障害が実際に被害者の仕事や生活へ与える影響が少ないと認められる場合には、基準値よりも労働能力喪失率を低めに認定することもあり得ます。

このようなリスクを考慮して多少の譲歩はしても、示談や交通事故紛争処理センターで解決した方が得策といえるケースもあります。

結局のところ、いかなる手段で最終的な解決をするかは、解決時間や獲得金額の見込みなど様々な判断要素やリスクを考慮して、事案ごとに個別に判断するしかありません。

各解決手段について、さらに詳しくお知りになりたい方は、以下をクリックしてご覧ください

交通事故無料相談のお申込はこちら

お気軽にお問合せください

お電話での無料相談申込はこちら

03-6427-1416

受付時間:9:30~18:00(土日祝を除く)

メール・FAXでのお申込は24時間受付